赤秋つれづれ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【No.70】 予想通りに「70歳・古希〇〇」という本が出始めた

<<   作成日時 : 2017/10/07 09:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「60歳〇〇」という本を最近、何冊か続けて読んだが、
予想通りに「70歳・古希〇〇」という本が出始めた。
新聞広告に「すこいトシヨリBOOK トシをとると楽しみが
ふえる 人生の楽しみは70歳からの下り坂にあり」と
出ていた。

弘兼憲史の「古希に乾杯!ヨレヨレ人生も、また楽し」も
この夏7月の新刊である。
トシヨリ、下り坂とか、ヨレヨレ・・・というのは、当方の気分には
全く合わない。

商売っ気満々の本のようで、どうだかな、と思いつつ、まずは、
弘兼本を文化の森の図書館にリクエストした。

画像


「まえがき」に「楽しいことも辛いことも、嬉しいことも適度に
混ざっているほうが、人生は面白い。その辛いこと悲しい
ことを考えたカひとつで"それもまた楽し"の気持ちに変える
のが本書です。ヨレヨレになっても、その現状を受け入れて、
いかに楽しく生きるのかを考えるのがこの本のテーマです。」
と記し、「楽しく生きるには、ひと言で言うなら「好かれる人
(老人)になることです。そのためにはむやみに不平不満を
言わないこと。現状をすべて受け入れて動じない人間になる
こと。社会のお荷物にならないように自立すること。他人の
せいにしないこと等いろいろあると思います。弘兼流楽しく
生きるコツ、共感いただける人がいるなら幸甚です。」と
結んでいる。

弘兼憲史は、この9月に70歳、古希を迎えたようだ。当方
より一つ年下の団塊の世代である。新書判なので、例に
よってリビングで寝転がって気軽に読み飛ばした。

これぞ、という触発新たな箇所もなく、「60歳〇〇」で目に
した表現が重なった。

「あとがき」に「団塊の世代が、これから70代に突入します。
"アラセブ"なんて言葉がまたはやるかもしれません。
さらに10年経てば、80歳"アラサン"(傘寿)でしょうか?
そこまで生きることができたら、また新しい本を出したいと
思います(笑)。」

お気軽、お気楽なものだ。軽いノリで10年後、そんな
新しい本が出るかどうか。見届けようか?その時も
身銭をきって買う気には到底ならず、文化の森の
図書館にまたリクエストしてみるとするか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【No.70】 予想通りに「70歳・古希〇〇」という本が出始めた 赤秋つれづれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる