アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
赤秋つれづれ
ブログ紹介
人生の四季では秋の気配が濃くなってきていますが、
我が幸齢の日々は、白秋ではなく、赤秋の気分。
胸奥には真っ赤に燃えた太陽が輝き、
健康長寿への新たな気概が湧いてきます。

古稀70歳を刻み、赤秋の醍醐味を満喫する中で、
出会う人と言葉を、つれづれに記していきます。

ホームページ「幸齢人言録」
http://ningenroku.web.fc2.com


zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
【No.141】 「ハーバード日本史教室」第8講義・「和食の歴史」--築地は日本の強みと弱みの象徴
【No.141】 「ハーバード日本史教室」第8講義・「和食の歴史」--築地は日本の強みと弱みの象徴  「ハーバード日本史教室」第8講義は「和食の歴史」。 ライシャワー日本研究所長であるテオドル・ベスタ―教授が 研究を進めているのが、和食の歴史と国際化である。 2013年に「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されたこと もあり、日本の食文化に関わる深い知見はますます注目され つつある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/11 07:58
【No.140】 土曜映画会「素晴らしき哉、人生!」--もし生まれていなかったら・・・出来事は一変!
【No.140】 土曜映画会「素晴らしき哉、人生!」--もし生まれていなかったら・・・出来事は一変!  文化の森の土曜映画会。12月は「素晴らしき哉、人生!」。 昨日の午後2時から130分、我が生後半年頃の70年前の 1946年のアメリカ映画で、若きジェームズ・スチュアートの 主演だった。 It's a Wonderful Life!見終わっての感想は、映画の題名 そのものだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/10 09:07
【Mo.139】 日本初の洋式軍艦の戦闘・阿波沖海戦--高くついた見物料?!
【Mo.139】 日本初の洋式軍艦の戦闘・阿波沖海戦--高くついた見物料?!  平成29年後期「まなびーあ徳島」歴史教養講座の 第2回目は「戊辰戦争と阿波沖海戦」をテーマに6日、 自治研修センターで行われた。A4用紙5枚の表裏に 印刷された10ページの文字だけの資料だった。 前日の「阿波の殿様と姫様」のパワーポイントでの 画像付とは打って変わって地味なものだった。 プレゼンテーション力の差は一目瞭然である。 読むだけ、といった感じだったが、内容は、「阿波沖 海戦」という初めて聞く事柄で興味が湧いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/09 10:41
【No.138】 「ハーバード日本史教室」第7講義・リーダー論--日本は「世界の良心」!
【No.138】 「ハーバード日本史教室」第7講義・リーダー論--日本は「世界の良心」!  リーダーが人間の生死を左右するような 究極の決断をする際、どのような倫理的な 基準をもとに、どのようなプロセスを経て、 決断するのが正しいのだろうか。 「ハーバード日本史教室」の第7講義は、 「リーダー論」である。文学、戯曲、自伝、 ノンフィクションからリーダーシップを学ぶ 異色の授業「モラルリーダー」(道徳的な リーダー)を長年、教えているサンドラ・ サッチャー教授。「トルーマンと原爆」に ついての授業もあり、「終戦の詔勅」を 自ら読む。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/08 07:55
【No.137】 阿波の殿様と姫様
【No.137】 阿波の殿様と姫様  古文書の講座が終われば、続いて歴史 教養講座が楽しませてくれる。徳島には、 シニア世代が学ぶ機会が多彩にある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/07 17:02
【No.136】 「ハーバード日本史教室」第6講義・経営史--渋沢栄一ならトランプに何一つ賛成しない
【No.136】 「ハーバード日本史教室」第6講義・経営史--渋沢栄一ならトランプに何一つ賛成しない  「ハーバード日本史教室」の第6講義は「経営史」。 「渋沢栄一ならトランプにこう忠告する」という見出し で、興味を持たせる。ハーバード大学の中でも、 リーダー養成学校として名高い経営大学院で、 経営史を教えているジェフリー・ジョーンズ教授。 先が読めない時代に歴史から学ぼうという学生が 増えているそうだ。  アメリカでは、企業の淘汰が進み、平均寿命は 15年、短命化が進んでいる。このスピードの速さは 強みでもあるが、解雇、転職を繰り返さなくては ならない社会は本当に人を幸せに... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/06 07:55
【No.135】 我が家の庭暦--モミジの紅葉が次々と
【No.135】 我が家の庭暦--モミジの紅葉が次々と  朝の散歩に手袋が必需品になった。夜半に雨が 降ったようで、道路が濡れている。放射冷却は、 幾分やわらいでいるようだ。青空のもと、東天の 太陽の陽ざしを浴びながら、風は少々、冷たいが、 心地よいひとときだ。昨夜の気象情報での気温予測 は外れたか。通り過ぎる道端に所々、モミジの葉が 落ちている。季節の歩みは、初冬の風情を目の当たり にさせてくれる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/05 10:03
【No.134】 「ハーバード日本史教室」第5講義・アジア研究--格差を広げないサムライ資本主義
【No.134】 「ハーバード日本史教室」第5講義・アジア研究--格差を広げないサムライ資本主義  「ハーバード日本史教室」の第5講義「アジア 研究」。エズラ・ヴォ―ゲル名誉教授の登場 である。「ジャパン アズ ナンバーワン--アメリカ への教訓」は、日本国内で70万部を超え、世界的 な大ヒットを記録した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/04 08:22
【No.133】 一生モノの文章術?!《プロ級》--Final STEP 秘策!文章マスターへの道
【No.133】 一生モノの文章術?!《プロ級》--Final STEP 秘策!文章マスターへの道  「マジ 文章書けないんだけど」は、「Final STEP 秘策! 文章マスターへの道 『Why』を意識する」に、なんとか たどり着いた。「プロ級だよ」と言っており、さて、期待を しながら読んでみる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/03 08:15
【No.132】 「ハーバード日本史教室」第4講義・環境史--地球市民になるための教養
【No.132】 「ハーバード日本史教室」第4講義・環境史--地球市民になるための教養  「ハーバード日本史教室」の第4講義は、環境史。 ハーバードの教授が涙する被災地の物語。 環境史という視点から切りとると、どんな日本史が見えてくるのか。 かつて岩手県宮古市の英語教師だったイアン・ジャレッド・ミラー 教授。東日本大震災の被災地に対して特別な思いがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/02 11:01
【No.131】 時代を見とおす読書術?!--歴史観を磨く
【No.131】 時代を見とおす読書術?!--歴史観を磨く  師走の朝の散歩は体をシャキッとさせた。 手に風は少々冷たくて、そろそろ手袋が必要か。 昨今の暇に任せての読書で、知らなかったことを 知ることが多くて、心もシャキッとなる感、多々。 「学は光 無学は闇」の気概を新たにさせてくれる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/01 07:35
【No.130】 両親の墓参は親父の生誕100周年の秋!
【No.130】 両親の墓参は親父の生誕100周年の秋!  生きていれば、親父はきょう98歳である。 2年後の再来年は生誕100周年の大きな節目を刻む。 きょう11月30日を迎える日々に、庭のモミジの木々は 真っ赤に紅葉して、佳節を寿いでくれているかのようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/30 07:33
【No.129】 一生モノの文章術?!《上級》--めざせ!伝わる文章 人の思考を意識する
【No.129】 一生モノの文章術?!《上級》--めざせ!伝わる文章 人の思考を意識する  「一生モノの文章術」と大きく出てきたので、 その意気に応じて、学び直す気分で読んでいる。 「マジ 文章 書けないんだけど」は、「3rd.STEP  上級 めざせ!伝わる文章 人の思考を意識する」 に進んできた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/29 07:52
【No.128】 「ハーバード日本史教室」第3講義・明治維新--日本の全てを変革!
【No.128】 「ハーバード日本史教室」第3講義・明治維新--日本の全てを変革!  「ハーバード日本史教室」は新書判で10の講義を 収めている。その一つ一つが刮目する内容だ。 第3講義は、89歳のハーバード大学名誉教授の アルバート・クレイグの「明治維新」。龍馬、西郷は 「脇役」、木戸、大久保こそ「主役」、との見出しが 目を引く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/28 08:13
【No.127】 マスターズスイマーの「たら‐れば」夢想・・・
【No.127】 マスターズスイマーの「たら‐れば」夢想・・・  マスターズスイマーの71歳シーズンのラスト レースとなった四国マスターズでの200m自由形は、 何年経っても幸齢の醍醐味の証として鮮明に 記憶し続けるだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/27 08:50
【No.126】 一生モノの文章術?!《中級》−−文章を書く基本!文と文章の構造を考える
【No.126】 一生モノの文章術?!《中級》−−文章を書く基本!文と文章の構造を考える  「マジ 文章書けないんだけど」。 現代っ子的な表現だが、古今東西、誰人も 思う悩みに、「朝日新聞ベテランの校閲記者が 教える一生モノの文章術」と大きく出てきた。 「?」と「!」の交錯する中で、生真面目に読み 進めている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/26 08:09
【No.125】 「人間は一生学ぶことができる」
【No.125】 「人間は一生学ぶことができる」  原典は取っ付きにくいが、さりとて超訳的に過ぎても、 どうかなと思わせる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/25 09:14
【No.124】 「雨ニモマケズ」が歌と交響曲で今に未来に息づく
【No.124】 「雨ニモマケズ」が歌と交響曲で今に未来に息づく  「君の言葉は誰にもワカンナイ」と言われたままでは 正直言って、少々、シラケ気味だった。 宮沢賢治の「雨ニモマケズ」へのアンサーソングとして 井上陽水の「ワカンナイ」があり、昨日、ユーチューヴで 聴いてみたが、このままではどうも気分が晴れない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/24 09:39
【No.123】 宮沢賢治が探し求めた「みんなの本当の幸い」
【No.123】 宮沢賢治が探し求めた「みんなの本当の幸い」  今朝、NHK衛星放送で「英雄たちの選択『本当の幸いを探して 教師・宮沢賢治 希望の教室』を 観た。時々、この番組は観るが、今回は人選がいつもの武将たちとはは違っていて、こうした人選も するのかと思わせた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/23 13:27
【No.122】 我が家の花暦 [山茶花]
【No.122】 我が家の花暦 [山茶花]  庭のモミジの紅葉は太陽をよく浴びている順に 色づきが進んでいる。深山幽谷を訪ねることが 年々億劫になってきているが、毎日、身近な 風情で錦秋を満喫している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/22 12:05

続きを見る

トップへ

月別リンク

赤秋つれづれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる